システム開発で使われるフレームワーク

システム開発では作業効率を上げるためにさまざまなフレームワークを利用することがあります。


フレームワークは細かい機能の塊であり、APIと言われるプログラムで利用できる形式でまとまっている場合が多いです。


フレームワークはコーディングの仕方まで踏み込んで指定される場合もありますが、多くの場合はAPIの使い方を教育すれば比較的短時間で使えるようになるものが多いようです。

交通費精算システムについて知りたいならこのサイトです。

システム開発では特殊な機能は少なく、一般的なフレームワークを改造しながら使うことが多いようです。



ただし、注意したい点はフレームワークは完璧ではないことです。

作成にあたっては万全を期していますが、バグはあると考えて対応することが大事です。



システム開発はカスタマイズだけで済むわけではありませんが、作業効率が格段に上がりますのでフレームワークをうまく活用することが大事です。


フレームワークは商用版、オープンソース版など多数の会社やオープンソースプロジェクトが作成しています。


規模や対象となる分野で選ぶことが大事ですが、特に利用する機能をしっかりと選別しておくことが大事になります。
また、過去に使用した経験があるフレームワークにしてもオープンソースの場合は特に開発が進んで別物と思えるほど改良されていることも多くなっています。