アプリケーションサーバを使うシステム開発の注意点

アプリケーションサーバは各種アプリの稼働を助け、また、障害時には有効な対策を取ってくれる頼もしい味方です。また、用意されているライブラリを組み合わせることでシステム開発の工期を大幅に減らすことが可能となっています。
アプリケーションサーバは万能で使えるのですが、注意点としてはシステムの規模にあったアプリケーションサーバを選ぶことが大事ということがあります。

交通費精算システムについて詳しく説明しています。

システムは数人で使う小規模なものから数万人以上で使う大規模な物まで様々です。



そのため、規模に見合ったアプリケーションサーバを選択することが大事になります。

アプリケーションサーバで重要なことは冗長性と接続などの外部とのやりとりです。



冗長性は複数のサーバを用意することで対応する場合が多いですが、利用者の規模によって使うべきアプリケーションサーバが決まってきます。
また、重量級のアプリケーションサーバも多くあり、小規模での利用では採算が合わない場合もでてきます。

また、サーバの能力についても必要な能力が変わってくるので注意が必要です。

外部のやりとりについては主にWEBを通じて行なわれることが多いのですが、アプリケーションサーバによって得意不得意がありますのでほかにWEBサーバを用意する必要があることも多く、システム設計時によく検討しておくことが大事になります。