商用システム環境のWebsphere

WebsphereはIBMが開発、販売している商用アプリケーションサーバです。もともとIBMのサーバ用のソフトウエアとして開発されていたこともあり、長らく、IBMサーバとセットで販売されていたようですが、現在では多くのOS上で動くことができるようになっています。開発はかなり古い時代からあり、Javaの機能を率先して取り込んでいるプロジェクトです。

交通費精算システム情報サイトです。

特にJavaのエンタープライズ機能が増えるたびに商用アプリケーションサーバとしては真っ先に対応するほどプロジェクトに時間と人員を用意しています。



IBMのシステム基盤ソフトウエアとしても重要な位置づけになっており、今後も開発が進むと期待されています。
Websphereの特徴は最先端のJavaのエンタープライズ機能を実現しているほかに安定性とサポート要員の充実さがあります。


システム開発においてアプリケーションサーバを導入するメリットは開発が楽になる以外にサポートが受けられることがあります。



そのため、オープンソースプロジェクトを利用せずに商用アプリケーションシステムを利用する企業も多数あります。


特にIBM社のサポートはハードウエア、ソフトウエア双方で魅力的な場合が多く、採用例がとても多いようです。


また、規模に関わらず有効に使える機能が多いのも魅力です。